サブメニュー

提携する銀行のサービス

銀行のカードローンと消費者金融のキャッシング、どちらもカード1枚で簡単にお金を借りることができる手段です。銀行内、消費者金融内で競争があるのはもちろんのことですが、銀行と消費者金融の間でも競争があるのは言うまでもありません。

 

では、銀行と消費者金融は完全に敵対関係なのかというと、そうでもありません。実は、提携関係を結んでいたり、完全子会社となっているケースも多いのです。特に大手消費者金融は、銀行と提携関係を結んでいることが多いです。

 

銀行と提携関係を結ぶことによって、消費者金融側には銀行の後ろ盾がつくというメリットがあります。「何とか銀行グループ」という後ろ盾があれば、消費者金融に対する不安感も払拭されます。一方銀行側としても、消費者金融が持っている審査や運営のノウハウを簡単に手に入れることができるという点でも大きなものがあります。

 

そしてそれをさらに一歩推し進めたのが、完全子会社です。この場合、銀行が親会社となり消費者金融が子会社となります。これによって、消費者金融側は財務基盤が安定しますし、自社ブランドのキャッシングは総量規制の対象外となるメリットがあります。もちろん、銀行側にもメリットは大きいです。

 

カードローンを利用するときの注意点とは・・・

急な出費が発生するなど困ったときに非常に助かるカードローンの存在ですが、申し込みするには金融業者と銀行、銀行系の3パターンが考えられます。それぞれの特徴をしっかりと確認してご自分が融資するタイプを考え、比較して申し込むのが得策と言えます。

 

まずよく聞く定番のタイプは、一般の金融業者でしょう。他の2タイプでのお金を借りるときとはちょっと異なり、審査が少し甘いというところが借りやすさの秘密です。

 

銀行系は、銀行が出資している金融業者で、銀行よりは審査が甘めですが年利が金融業者と比べて少し安く設定されているところが魅力です。

 

銀行から融資を受けるとなると、それなりの審査を受けることになりますのでちょっと厳しいかもしれません。しかし、審査が通過すると大型のローンなどが組むことができ、おまとめローンなどの相談をするのにもとても頼りがいある存在になりますので、初めてローンを組む方は銀行がお勧めです。

 

万が一お金が必要になったときにはカードを使い、近在のATMで24時間いつでもお金が受け取ることができます。便利なものなので、手元に一つは置いておきたいものです。

 

しかしどのようなところからであっても、借りれば借りるほど返済額が膨れ上がるといったデメリットもありますので、返済することも必ず念頭に置いてうまく借入しましょう。

 

銀行で借りるおまとめローンを詳しく知りたい方は、こちらの銀行おまとめローンでチェックしてください。